ドメインのSEO対策でマイナスになる要因の確認方法

ドメインを育てていく上で、SEO的にマイナスになる要因は排除することが必要になります。そのため、普段よりGoogleサーチコンソールなどのツールにて問題が起きていないかをチェックする必要があります。
まず気をつけたいのは、サーチコンソールの「クロール」メニューをクリックすると現れる「クロールエラー」の項目です。この画面では、過去90日間に発生したクロールエラーが表示されます。ここでのエラーが頻繁に記録されている場合には、Googleのクローラーがサイトをクロールできておらず、インデックスの更新などが正常に行われていない可能性があります。エラーの原因は様々ですが、Webサーバーへのアクセス集中や何らかの理由によるサーバー停止などが考えられます。なお、同じ画面に表示されている「URLエラー」は、削除したページなどにGoogleのクローラーが到達した場合のエラーですが、こちらは特にマイナス要因にはならないので問題はありません。
また、「セキュリティの問題」にも注意が必要です。このページではサイトにセキュリティ上の問題が検知された場合にその状況が表示されます。この表示がされるとGoogleからの評価が何らかの形で下がる可能性があるので、問題が発生していないかをここでチェックするのが、セキュリティ上の問題の確認方法になります。
モバイル機器を意識したサイトを運営している場合は、「モバイルユーザビリティ」のページも確認するとよいでしょう。これはモバイルでページを利用する際の問題点がエラーとして表示されます。ここでエラーが検出されるとモバイル向けのSEOにマイナスになることが考えられるので、随時確認します。