ビジネス用のドメインはローカルユーザーにも重要

ビジネス用のドメインは社内だけで利用されることが増えています。ローカルユーザー向けのサービスが充実してきていた際にIPアドレスだけでは使い勝手が悪いからです。また、セキュリティ的に公開しているウェブサイトと別にドメインを活用したいという企業も多いようです。ローカルユーザーのドメインの利用については主に3つの方法が模索されているようです。一つはグループウエアです。社内の情報共有の場として重宝されています。また、スマートフォンの活用が進んだことで社外でも利用したいという需要が増えています。そのため、ドメインを活用することでセキュリティを強化しながら社外アクセスを受け入れる体制が整ってきています。中にはクラウドを活用する企業も増えてきています。2つめはウェブサイトです。社内の情報共有としてはグループウエアが採用されることが多いですが、ブログやCMSも多数利用されるケースが増えており、ID管理をして利用されるケースも多くなっています。公式のWebサイトとは別に作られることもあり、社内の掲示板として利用される場合も多くなっています。3つめはメールです。公式のメールアドレスは作られますが、社内専用に別なメールアドレスを用意する場合も多くなっているようです。また、従業員用のメールアドレスはウェブサイトで採用されているドメインとは別に設定されるケースも多くなっています。外部公開されるドメインとローカルユーザー用のドメインを分ける理由は主に2つあります。1つはセキュリティです。公開されれば攻撃型のメールがよく届く場合が多いですし、サーバへの攻撃も増えます。2つめは使い勝手です。非公開で使えれば企業にとって設定が随時出来ることから好評を得ています。