.jpドメインを増やす方法とは

ドメイン名のうち最上位の階層をTLDと呼びます。このうち.comや.netなどは世界中誰でも取得できます。.jpは原則として日本に在籍していないと取得できません。これをカントリードメインといって、国ごとに定められています。

jpドメインには誰でもいくつでも取得できる汎用型、特定の形態の組織しか取得できない属性型、特定の地域の名前を取った地域型の3種類があります。属性型の代表的なものには、株式会社が取得できる.coや、各種団体が取得できる.or、教育機関が取得できる.acなどがあります。日本の株式会社で多いのは.co.jpとなります。これは個人では取得できません。

属性型と地域型のドメインは、1つの組織で1つしか取得できないという決まりがあります。そのため法人組織でドメインを増やすには、汎用型にするか.jpのつかない.comや.netを取得することになります。ドメインの取得は登録業者(レジストラ)に依頼しますが、登録代行業者を利用するのが便利です。料金は業者によって異なります。.comで安いところだと1000円以下、.co.jpでも3000円~4000円で取得できます。ただし取得料のほかに定期的な更新料が必要です。

企業が海外展開を考えている場合、外国のドメインを日本から取得できるサービスもあります。たとえば.joはヨルダンに割り当てられています。取得料金は日本よりも高く、1年あたり30000円ほどになります。

増やすのは簡単ですが、より重要なのはホームページの管理です。ひとつのレンタルサーバーの契約で複数のドメインを利用できるサービスなら、個々に契約を結ぶより割安になる場合があります。